ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    壇場山古墳 第1・2・3古墳

    • 公開日:2008年3月8日
    • 更新日:2019年5月8日
    • ID:1853

    名称

    壇場山古墳 第1・2・3古墳

    概要

    壇場山古墳は全長約143メートルの前方後円墳で、南南東に後円部を、北北西に前方部を向け、くびれ部の西側に造りだしが認められる。周濠をめぐらし、その外側には周庭帯を備えているようである。後円部頂上には組合式長持型石棺が見られ、葺石や埴輪を伴っている。周囲には陪塚の第1、第2古墳がある。第3古墳は山之越古墳と呼ばれ、一辺約50メートルの方墳で、組合式長持型石棺や葺石・埴輪を備え、鏡・刀剣・玉類が出土している。

    所在地

    姫路市御国野町国分寺

    写真

    壇場山古墳 第1・2・3古墳の写真