ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市史資料叢書2「姫陽秘鑑」のご案内

    • 公開日:2016年4月26日
    • 更新日:2020年11月9日
    • ID:2655

    「姫陽秘鑑」は、酒井忠績(ただしげ)の治世下、伊奈平八を代表とする祐筆たちが、藩主の命を受け、「六臣譚筆」・「重朗日記」・「村翁夜話集」などや、家臣それぞれの家に伝わる史料をもとに、そのエッセンスをまとめ上げたものです。

    姫陽秘鑑の画像

    概要

    寛延と改元されたころ、播磨一円は大一揆の騒擾の波にもまれていました。その怒濤がおさまったころ、酒井氏は入封しました。以来、明治維新に至るまで、江戸時代後半期を姫路藩主として襲封しましたが、この間、転封直後の大洪水や、商品経済の浸透にともなう経済的破綻に近い状況など、さまざまな困難を克服しながら藩を治めました。また、酒井家は徳川四天王の一であり、累代幕府重臣としてその任を負ってきました。
    「姫陽秘鑑」は、酒井忠績(ただしげ)の治世下、伊奈平八を代表とする祐筆たちが、藩主の命を受け、「六臣譚筆」・「重朗日記」・「村翁夜話集」などや、家臣それぞれの家に伝わる史料をもとに、そのエッセンスをまとめ上げたものであり、本編57冊・附録2冊の計59冊です。本書の構成は、前半19冊が「譜系」および「譜系附録」であり、後半は「城郭」・「礼格」・「文学」・「武備」など20のテーマごとにまとめられています。

    既刊一覧

    • 第1巻
    • 第4巻

    販売価格 各巻1500円(税込)
    上記の巻以外の配本について、今のところ予定はありません。

    購入方法

    直接購入の場合

    販売場所

    市史編集室(日本城郭研究センター2階) 市史編集室は、令和2年11月14日から事務所を仮移転します。

    販売時間

    午前9時00分から午後5時00分まで(土曜日、日曜日および祝日は休み)

    郵送希望の場合(送料は1部につき300円)

    次のいずれかの方法で、代金と送料を送金してください。

    現金書留・郵便為替

    送付先 〒670-0012 姫路市本町68-258(日本城郭研究センター内)姫路市市史編集室

    市史編集室は、令和2年11月14日から事務所を仮移転します。

    銀行振込

    振込先銀行名 三井住友銀行
    支店名 姫路市役所出張所
    口座種別 普通預金
    口座番号 3064152
    口座名義 市史編集室長(シシヘンシュウシツチョウ)
    なお、当方の通帳には氏名と金額しか記載されませんので、以下の内容を電話、ファクス、または電子メールで連絡いただきますようお願いします。

    • 最下部の「お問い合わせフォーム」から入力可能です。
    1. 郵便番号
    2. 住所
    3. 氏名
    4. 電話番号
    5. 購入書籍名・巻名
    6. 購入冊数

    市史編集室が取り扱う書籍一覧

    お問い合わせ

    姫路市役所教育委員会事務局生涯学習部市史編集室

    住所: 〒670-0012 姫路市本町68番地258 日本城郭研究センター内

    仮設事務所
    令和2年11月14日から令和3年5月末まで(予定)
    〒670-0931 姫路市坂田町3番地 姫路市保健所内地下1階

    住所の地図

    電話番号: 079-289-4886 ファクス番号: 079-289-4891

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム