ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    ノロウイルスの感染を広げないために

    • 公開日:2015年11月30日
    • 更新日:2019年10月7日
    • ID:3646

    ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は冬場に多く発生する傾向があります。感染力が非常に強く、少量のウイルスで感染しますので、ご注意ください。

    ノロウイルスとは

    ノロウイルスはヒトの小腸粘膜で増殖するウイルスで、感染性胃腸炎や食中毒をひきおこす恐れがあります。

    感染経路

    人からの感染

    • ノロウイルスが含まれるふん便や吐ぶつ等から二次感染する場合

    食品からの感染

    • ノロウイルスに感染した人が調理をして、食品から二次感染する場合
    • ウイルスを取り込んだカキなどの二枚貝を、生あるいは加熱不十分で食べたとき

    症状について

    ウイルスが体内に取り込まれてから、24時間から48時間で発症します。主な症状は、下痢、吐き気、おう吐、腹痛、発熱などです。1年を通じて発生しますが、冬季に集中する傾向があります。

    予防方法

    手洗い

    • トイレの後、調理をする時、食事の前はよく手を洗いましょう。
    • 手洗いの後、使用するタオル等は清潔なものを使用しましょう。

    加熱

    • 二枚貝は十分加熱してから食べましょう。
      (食品の中心温度85℃以上で1分間加熱を行えば、感染性はなくなるとされています)
      (湯通し程度の加熱ではウイルスは死にません)
    • 特に、子どもやお年寄りなど抵抗力の弱い方は、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱しましょう。

    殺菌消毒

    • 調理器具等は、熱湯消毒または塩素系消毒剤を使用して、殺菌消毒しましょう。

    健康管理

    • 症状があるときは、食品を取り扱う作業はやめるようにしましょう。
    • 家族の健康管理にも留意しましょう。

    消毒方法

    ノロウイルスは一般的なアルコールや逆性石けんによる消毒では効果がありません。塩素系漂白剤を使用してください。
    特に、おう吐物については、使い捨てのマスク・エプロン・手袋など使用し、すぐにふき取りをした後、塩素系漂白剤をしみこませたタオルなどで吐いた場所を覆い、10分程度してからきれいにふき取るようにしてください。

    関連情報

    啓発用リーフレット

    お問い合わせ

    保健所予防課(電話079-289-1635)
    保健所衛生課(電話079-289-1633)