ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    咳エチケットのすすめ

    • 公開日:2014年2月10日
    • 更新日:2019年10月7日
    • ID:3672

    咳エチケットとは、インフルエンザなどの患者やそれが疑われる人に対して推奨される感染対策のことです。

    咳エチケットの内容

    • 咳やくしゃみをする際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ、1メートル以上離れます。
    • たんや鼻水を含んだティッシュを、すぐにふた付のゴミ箱に捨て、その都度手を洗うようにしましょう。
    • 咳をしている人にマスクの着用をすすめましょう。
    咳エチケット・マスクの正しいつけかた

    咳エチケットとは

    1. 咳やくしゃみが出そうになったら、ティッシュなどで鼻と口を押さえましょう。
    2. 使用後のティッシュはすぐにふたつきのゴミ箱に捨て、汚れた手は洗いましょう。
    3. 咳やくしゃみが出そうになったら、 なるべく周りの人から顔をそむける。マスクやティッシュがなければ、手のひらではなく、ひじの内側で抑えましょう。
    4. 咳やくしゃみの症状があれば、マスクをつけましょう。

    正しいマスクの付け方

    1. ワイヤーを上にしてギャザーを縦に伸ばします。清潔な手で耳にかけるゴムの部分を持つようにしましょう。
    2. マスクに顔を当てて、鼻・頬のカーブに合わせてワイヤーを折り曲げましょう。
    3. 鼻から、あごまで、マスクをしっかり伸ばしましょう。
    4. 完成です。マスクはしっかりフィットしていればOKです。

    参考資料

    感染症予防啓発ポスター

    公共交通機関でのマスク着用を促すポスター

    マスク着用啓発ポスター

    医療機関受診時のマスク着用を促すポスター

    医療機関受診時のマスク着用