ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

現在位置

 

あしあと

 

    FAQ

    洪水ハザードマップのはん濫は、どの程度の災害を想定していますか?

    • 更新日:2019年10月2日
    • ID:749

     

    回答

    洪水ハザードマップは、各河川の流域に100年に1度程度の大雨が降り、強制的に堤防を破堤、越水等が起こったと想定した、いくかのシミュレ−ションを行い、その結果を重ね合わせた、最悪の状態と考えていただきたいと思います。
    また、近年多発する集中豪雨などの異常気象の状況をみても、予想を超えるような雨が降ることが十分にありえます。

    自然災害は、人間の思うようにならないことが多く、そのためにも災害に対する正しい知識を持ち、日頃から災害に備え、いざという時には正しい情報を聞いて速やかに避難することが重要です。

    関連するFAQ

    詳しい情報・関連ページ

    詳しい情報・関連ページはありません。

    お問い合わせ

    姫路市役所市長公室危機管理室

    住所: 〒670-0940 姫路市三左衛門堀西の町3番地 防災センター5階

    電話: 079-223-9594 ファクス: 079-223-9541

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム