ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    ものづくり支援機関・ものづくり支援機器についてのご案内

    • 公開日:2016年1月29日
    • 更新日:2019年9月22日
    • ID:5816

    姫路市内や西播磨地域にある企業のものづくりを支援する機関や企業のものづくりに活用できる機器についてご案内します。

    ものづくりを支援する機関

    姫路市内や西播磨地域には、ものづくりを支援するためのさまざまな機関が設置されています。ものづくり関するご相談などございましたら、お気軽にご利用ください。

    姫路ものづくり支援センター

    姫路ものづくり支援センターは、姫路商工会議所(姫路市下寺町43)内に、姫路市と姫路商工会議所が共同で設置している「ワンストップ型」の支援センターです。コーディネーターが3名常駐しており、各種相談対応や専門機関へのつなぎを行っています。
    「ものづくりについて相談したいことがあるけれど、どこに相談したらよいか分からない。」という企業の皆さん、ぜひご活用ください。

    詳しくは、以下のページをご覧ください。
    姫路ものづくり支援センターのホームページ別ウィンドウで開く

    播磨産業技術支援センター・兵庫ものづくり支援センター播磨(公益財団法人ひょうご科学技術協会)

    平成25年4月に、姫路商工会議所2階に移転した播磨産業技術支援センターでは、企業が行う新技術・新製品の開発に対して資金を助成するとともに、技術アドバイザーを派遣し、技術高度化に係る相談・指導を行っています。
    また、兵庫ものづくり支援センター播磨を併設し、産学官連携共同研究を推進する研究コーディネーターを配置、開放型ものづくり機器も設置して、企業のものづくり技術の高度化を積極的に支援しています。

    詳しくは、以下のページをご覧ください。
    播磨産業技術支援センターのホームページ別ウィンドウで開く

    放射光ナノテクセンター(公立大学法人兵庫県立大学)

    放射光ナノテクセンター(たつの市新宮町光都1-490-2 大型放射光施設SPring-8敷地内)は、SPring-8に建設した2本の兵庫県ビームラインの産業利用推進拠点として設置され、新材料開発に必要な分析評価への放射光の積極活用を支援しています。また、各種分析機器も設置しています。

    詳しくは、以下のページをご覧ください。
    放射光ナノテクセンターのホームページ別ウィンドウで開く

    公立大学法人 兵庫県立大学産学連携・研究推進機構

    公立大学法人兵庫県立大学産学連携・研究推進機構は、兵庫県立大学と産業界を結び、研究協力および学術交流を積極的に推進するとともに、地域社会に開かれた大学としてその知的資産を地域社会に還元し、社会に貢献することを目的としています。専門のコーディネーターが常駐していますので、気軽にご相談ください。

    詳しくは、以下のページをご覧ください。
    公立大学法人兵庫県立大学のホームページ別ウィンドウで開く

    ものづくりを支援する機器

    兵庫ものづくり支援センター播磨(播磨産業技術支援センター内)

    開放型ものづくり機器装置(3次元CAD/CAEシステム、流体解析システム、簡易型走査電子顕微鏡)を設置し、企業のものづくり技術の高度化に積極的な支援を行っています。
    また、ものづくり大学校(姫路市市之郷1001-1)にも開放型ものづくり機器装置(CNC3次元座標測定機、非接触3次元モデル切削加工機、表面性状(粗さ)測定器)を設置しています。
    ご利用については、兵庫ものづくり支援センター播磨まで問い合わせてください。

    利用できる機器の一覧については、以下のページをご覧ください。
    播磨産業技術支援センターの利用可能機器別ウィンドウで開く

    放射光ナノテクセンター

    センター内には、各種X線回折装置、電界放出型走査電子顕微鏡、走査プローブ顕微鏡、共焦点レーザーラマン顕微鏡などの分析機器を整備して、放射光利用を補完できる体制を整えています。

    利用できる機器の一覧については、以下のページをご覧ください。
    放射光ナノテクセンターの利用可能機器別ウィンドウで開く

    高度産業科学技術研究所

    高度産業科学技術研究所が保有する装置の一部(高分解能X線回折装置、レーザ干渉計式形状測定機、純水製造装置など)を、他の大学の研究者や企業の方にもご利用いただけます。
    装置の使用にあたっては、技術支援員が全面的なサポートを行うとともに、専門的・技術的な相談には教員が対応するなど、ユーザーフレンドリーな体制を整えています。

    利用できる機器の一覧については、以下のページをご覧ください。