ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    科学技術基盤活用促進補助金

    • 公開日:2014年4月2日
    • 更新日:2020年3月25日
    • ID:5802

    播磨科学公園都市の放射光施設(SPring-8、ニュースバル、SACLA)や県内のスーパーコンピュータ(FOCUS)を利用して研究・技術開発に取り組む市内の企業等に、施設利用に係る経費を助成します。

    制度の概要

    科学技術基盤活用促進補助金は、播磨科学公園都市の放射光施設(SPring-8、ニュースバル、SACLA)の利用に係る「放射光施設活用促進補助金」と、県内のスーパーコンピュータ(FOCUS)の利用に係る「スーパーコンピュータ活用促進補助金」の2種類の補助金からなり、放射光施設やスーパーコンピュータを利用して研究・技術開発に取り組む市内の企業に、施設利用に係る経費を助成するものです。

    放射光施設活用促進補助金

    • 補助対象
      企業が製品開発、技術開発を目的として、SPring-8,ニュースバルの共用ビームライン並びにSACLAを利用するための施設使用料や研究装置等の経費(人件費を除く)
    • 補助額
      補助対象経費の2分の1(限度額100万円)

    スーパーコンピュータ活用促進補助金

    • 補助対象
      企業が製品開発、技術開発を目的として、FOCUSを利用するためのスーパーコンピュータ利用料やスーパーコンピュータ利用に必要なソフトウエア作成等の経費(人件費を除く)
    • 補助額
      補助対象経費の2分の1(限度額100万円)

    申請から利用完了までの流れ

    1. 補助金等交付申請書に下記の必要書類を添えて提出
      ●科学技術基盤利用計画書
      ●放射光施設またはスーパーコンピュータの運用機関が利用を承認する書類
      ●法人の登記事項証明書(個人の場合は住民票)の写し
      ●姫路市税に係る直近年度の納税証明書(未納のないものに限る)
    2. 姫路市から補助金等交付可否決定書通知
    3. 補助事業着手届の提出
    4. 科学技術基盤(放射光施設、スーパーコンピュータ)の利用
    5. 補助金等交付申請書・補助事業完了届・補助事業実績報告書の提出

    募集チラシ・申請書様式

    補助金の利用は、科学技術基盤利用前に申請が必要です。
    申請される場合は、申請書提出前に産業振興課へご相談ください。