ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    中小企業地域資源活用促進法に基づく姫路市が応援するふるさと名物について

    • 公開日:2019年5月21日
    • 更新日:2019年5月24日
    • ID:5723

    姫路市では、地域の特産品である農水産物を活用した駅弁を「ふるさと名物」として応援しています。

    概要

    姫路市では、地域ブランドの展開や、地産地消の推進などを通じ、国内外へ「食のまち ひめじ」をPRしています。
    その一環として、このたび姫路の地域資源を使った駅弁を「ふるさと名物」として宣言します。

    宣言日

    平成30年4月13日(金曜日)

    姫路市のふるさと名物について

    テーマ

    「ゆくとき くるとき 旅のお伴に 姫路の駅弁」

    主な地域資源

    • 華姫サワラ
    • 白鷺鱧
    • ぼうぜがに
    • ぼうぜ鯖
    • マガキ(網干のカキ)
    • イカナゴ
    • たけのこ(太市のたけのこ)
    • れんこん(姫路のれんこん)
    • 網干メロン
    • ゆず(安富のゆず)
    • 夢そば

    内容

    上述の姫路市の地域資源をふんだんに活用した駅弁の新製品開発により、新たな価値を創造し、国内外から姫路を訪れる観光客の方々へ、姫路のうまいもんを気軽に味わっていただくことで、食によるおもてなしを行うとともに、世界に向けて姫路の駅弁を打って出る取り組みを応援します。

    応援宣言詳細

    ふるさと名物活用に関する支援メニューについて

    この宣言により、事業者が「姫路の駅弁」を活用した事業計画を策定した場合、経済産業省が実施するふるさと名物応援宣言による支援施策が活用できます。詳しくは中小企業庁ポータルサイト「ミラサポ」別ウィンドウで開くをご参照ください。