ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    JR山陽本線姫路・英賀保間新駅整備事業

    • 公開日:2019年9月4日
    • 更新日:2020年8月21日
    • ID:9006

    現状と課題

    JR姫路駅と英賀保駅の駅間距離は市内で最も長く約4.6キロメートルあり、市内平均2.1キロメートルと比べ2倍以上となっています。
    また、両駅の中間付近には文化・スポーツ施設が集積する手柄山中央公園が立地しており、市内・市外から多数の来場者があることから、公共交通でのアクセス性向上が課題となっています。

    事業概要

    平成28年12月に、西日本旅客鉄道(株)と姫路市において、新駅の具体的な検討を進めていくことで覚書を締結しました。
    「手柄山中央公園整備基本計画(平成28年12月策定)」では、公園北西部の新たなエントランスとして姫路・英賀保間新駅を位置付けており、同公園計画と整合を図りながら、新駅整備を推進します。

    整備内容

    新駅の整備(具体的な内容は協議・検討中です)

    関連情報

    JR姫路・英賀保駅間新駅構想エリアの図

    「手柄山中央公園整備基本計画」より

    お問い合わせ

    姫路市 鉄道駅周辺整備室 計画担当
    〒670-8501 姫路市安田四丁目一番地
    電話 079-221-2586

    お問い合わせ

    姫路市役所都市局交通計画室 鉄道駅周辺整備室

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎7階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2586/2588 ファクス番号: 079-221-2577

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム