ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    罹災証明書及び罹災届出証明書の交付申請について

    • 公開日:2021年3月23日
    • 更新日:2022年3月8日
    • ID:15891

    災害(火災を除く)により被害を受けた時の罹災証明書及び罹災届出証明書の交付申請に係る手続きに関するページです。

    下記を参考に、罹災証明書又は罹災届出証明書について、必要なものをご確認いただき手続きをお願いします。

    罹災証明書・罹災届出証明書とは

    罹災証明書(りさいしょうめいしょ)とは

    自然災害によって住家に被害を受けた場合に、被災者からの申請に基づき住家の被害家屋調査を実施し、調査結果に応じて被害の程度を証明するものです。

    • 住家とは、現実に居住(世帯が生活の本拠として日常的に使用していることを言う。)のために使用している建物のこと。
      (被災者生活再建資金や災害救助法による住宅の応急修理等の対象となる建物)
    • 住家の被害に対する証明のため、外構やカーポート等の被害のみで住家への被害がない場合、罹災証明ではなく、下記の罹災届出証明書による手続きとなります。

    現地調査を省略した証明書の交付

    以下の2つの条件に当てはまる場合は、現地調査を省略し、罹災証明書を交付することができます。(原則当日交付)

    1. 住まいの被害が10パーセント未満であることが明らかであること
    2. 申請者が「準半壊に至らない(一部損壊)」の判定に同意できること

    罹災届出証明書(りさいとどけでしょうめいしょ)とは

    自然災害によって住家以外の建物や自動車等の動産に被害を受けた場合に、災害に係る被害について届け出があった事実を証明するものです。そのため、この証明書は現地調査等を行い被害の程度を証明するものではありません。

    申請期間・申請窓口

    申請期間は、災害発生から「3ヶ月以内」です。
    (災害の規模により延長される場合があります、その際は速やかにお伝えします。)

    姫路市役所本庁舎2階主税課にて受付しております。また、郵送での手続きも可能です。

    なお、災害発生から時間が経過すると被害状況が的確に把握できない可能性がでてきますので、片付け・修理修繕等を行う前に、以下のページを参考に写真を撮影しておくようお願いします。

    住まいが被害を受けたときに最初にすること(罹災証明申請のための準備について)

    申請様式 必要書類

    申請様式

    罹災証明書及び罹災届出証明書の交付申請書は添付のとおりです。

    窓口に備え付けてあるものを使用するか、各種申請様式を印刷していただき持参または郵送により手続きをお願いいたします。

    必要書類

    窓口で手続きされる場合(現地調査を省略する場合)

    窓口で手続きされる場合の必要書類は以下のとおりです。

    • 写真
      被害箇所の写真
      住家等の建物の東西南北から(撮れる範囲で)の写真
      表札が写った住宅の写真  
    • 本人確認書類
    • 代理人が申請する場合は委任状(原本) 任意の様式で構いません。

    被害の状況により現地調査を行う場合があります。

    郵送で手続きされる場合(現地調査を省略する場合)

    郵送で手続きされる場合の必要書類は以下のとおりです。

    • 写真
      被害箇所の写真
      住家等の建物の東西南北から(撮れる範囲で)の写真
      表札が写った住宅の写真
    • 本人確認書類の写し
    • 返信用封筒(宛名を記入の上、切手を貼ったもの)

    被害の状況により現地調査を行う場合があります。

    現地調査を省略しない場合等

    現地調査を省略しない場合等は、姫路市役所主税課(079-221-2248)までご相談ください。

    再調査の依頼について

    現地調査により被害の程度を判定し交付された罹災証明書について、相当の理由を持って再度判定を希望する場合は、その罹災証明書の交付を受けてから3ヶ月以内に下記の罹災証明に係る再調査申請書により申請してください。

    参考・姫路市罹災証明書等交付要綱

    本市では、以下の「姫路市罹災証明書等交付要綱」に基づいて罹災証明の交付事務を行っております。