ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    医療的ケア児に係る区分の導入について(令和3年3月30日更新)

    • 公開日:2021年3月30日
    • 更新日:2021年3月30日
    • ID:16193

    令和3年度障害福祉サービス等報酬改定において、児童発達支援及び放課後等デイサービスを中心に、医療的ケアを含む、障害児の状態等を判定し、その判定結果に応じた基本報酬や加算の算定をすることとなりました。つきましては、対象となりうる児童の保護者の方は、利用事業所から求められた場合やサービス更新申請の際に「障害福祉サービス等利用における医療的ケア判定スコア(医師用)」の準備が必要となります。

    対象となりうる児童

    児童発達支援(非重心)又は放課後等デイサービス(非重心)を利用する医療的ケア児。

    ただし、児童通所支援等受給者証(ピンク色)に「重心」と記載がある児童は対応不要です。

    重心とは

    重度心身障害の略称。重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態。


    必要な手続き

    対象となりうる児童の保護者の方は、「障害福祉サービス等利用における医療的ケア判定スコア(医師用)」

    の準備をお願いします。

    「障害福祉サービス等利用における医療的ケア判定スコア(医師用)」は医師が判定する必要がありますので、かかりけ医に記入を依頼してください。(様式は下記添付ファイルを参照)

    ここでの「医療的ケア」とは、「障害福祉サービス等利用における医療的ケア判定スコア(医師用)」の項目に限られるため、このスコアで点数がつかないことが見込まれる児童の場合、「障害福祉サービス等利用における医療的ケア判定スコア(医師用)」の準備は不要です。

    判定スコアの原本は保管していただき、コピーを提出していただくことになります。


    その他

    詳細については順次ホームページを更新します。