ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市老朽危険空き家対策補助金交付制度について

    • 公開日:2020年4月1日
    • 更新日:2020年4月1日
    • ID:6739

    建物所有者または自治会を対象として、老朽化により危険になった空き家の解体撤去費用の一部を補助する制度のご案内をしています。

    お知らせ

    • 令和2年度姫路市老朽危険空き家対策補助金制度の受付を開始しました。
    • 要綱の一部改正を行いました。

    制度概要

    姫路市では、老朽危険空き家の解消を促進し市民の安全と安心を確保するために、老朽危険空き家の解体撤去費用の一部を補助する制度を実施しています。

    個人向け補助

    補助対象者

    次のいずれかに該当される方です。(ただし、市税の滞納のない個人に限ります。法人その他の団体は対象外です。)

    • 老朽危険空き家の所有者
    • 老朽危険空き家の所有者の相続人
    • 老朽危険空き家がある土地の所有者
    • 上記のいずれかと同等と認めるもの

    補助対象者に該当されるかどうかについては、事前にご相談ください。

    補助対象建築物

    姫路市内にある老朽危険空き家で、下記の要件をいずれも満たすと姫路市が判定したものです。

    • 姫路市内にある、概ね10年以上使用されていない建築物
    • 一戸建ての住宅で、2分の1以上が居住のために使用されていたもの
    • 老朽化の程度の基準を満たすと判定されたもの
    • 老朽化により敷地周辺に及ぼす危険性が著しいもの
    • 所有権以外の抵当権などが設定されていないこと

    補助対象建築物に該当するかどうかについては、事前にご相談ください。

    工事施工業者

    解体撤去工事を行う工事施工業者については、下記の要件をいずれも満たす業者です。

    • 建築工事業、土木工事業または解体工事業のいずれかの許可を受けていること
    • 姫路市登録業者若しくは姫路市内に本社または主たる事務所を有する業者

    補助金の額および予定戸数

    解体撤去費用の3分の1以内(上限50万円)
    令和2年度予定戸数:30戸(予定戸数に達した時は、受付期限前であっても終了します。)

    申請の受付期限

    老朽危険空き家調査申請書の受付期限:令和2年11月30日まで
    下記参考資料:【個人向け手続きの流れ】をご確認願います。

    参考資料

    自治会向け

    補助対象者

    自治会

    補助対象建築物

    個人向け補助の補助対象建築物と同様です。(詳細については、事前にご相談ください。)

    工事施工業者

    個人向け補助の工事施工業者と同様です。

    補助金の額および予定戸数

    解体費用の2分の1以内(上限100万円)
    令和2年度予定戸数:5戸(予定戸数に達した時は、受付期限前であっても終了します。)

    申請の受付期限

    老朽危険空き家調査申請書の受付期限:令和2年11月30日まで
    下記参考資料:【自治会向け手続きの流れ】をご確認願います。

    参考資料

    問い合わせ先

    〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地
    姫路市 都市局 まちづくり推進部 住宅課 庶務・住宅政策担当
    電話:079-221-2642
    ファクス:079-221-2639

    お問い合わせ

    姫路市役所都市局公共建築部住宅課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎5階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2632 ファクス番号: 079-221-2639

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム