ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    福祉医療費助成制度におけるマイナンバーを利用した情報連携について

    • 公開日:2019年8月22日
    • 更新日:2020年4月6日
    • ID:8607

    情報連携に関してのお知らせ

    令和元年(2019年)分の住民税等の申告期限が新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から延長されたことにより、マイナンバーを利用した所得情報の取得可能時期が遅れる可能性があります。

    これに伴い、医療費受給者証の発行も通常の年度より遅れが生じる可能性がありますので、ご了承ください。

    なお、医療費受給者証発行前に健康保険証のみで医療機関等を受診された場合は払戻し申請をしてください。

    申請については、福祉医療費の払戻しのページをご覧ください。

    福祉医療費助成制度におけるマイナンバーを利用した情報連携について

    福祉医療費助成制度の申請では、マイナンバー制度の情報連携により、所得課税証明書の提出が省略できます。

    福祉医療費助成制度の申請をされる場合に、転入等の理由により姫路市において所得情報がわからない方は、基本的には所得課税証明書を取り寄せた上で、提出していただく必要があります。

    ただし、「福祉医療費助成制度における個人情報取得の同意書(下記2参照)」を提出していただくと、情報連携により所得情報を照会するため、所得課税証明書の提出を省略できます。


    福祉医療費助成制度における特定個人情報取得の同意手続きについて

    申請に必要なもの

    • 福祉医療費助成制度における特定個人情報取得の同意書(下記の申請用紙)
    • 同意者すべての方の本人確認書類(注釈1)

    本人確認書類(注釈1)

    本人確認書類は下記のように、種類によって複数必要なものがあります。

    • いずれか1点でよいもの
      マイナンバーカード(本庁又は出先機関に同意書を持参される場合)、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、在留カード、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳など
    • 2点必要なもの
      健康保険証、介護保険証、年金手帳、年金証書、社員証、学生証

    申請用紙

    受付窓口

    保健福祉政策課(福祉医療担当)、支所、家島事務所、駅前市役所、出張所、サービスセンター、保健福祉サービスセンター(香寺・夢前・安富のみ)

    本庁又は出先機関の窓口に持参される場合

    申請用紙の同意欄に同意者全員の氏名をご記入いただいた上で、すべての方の本人確認書類の原本またはコピーを受付窓口にお持ちください。

    郵送で提出される場合

    同意書に記載したすべての方の本人確認書類のコピーと同意書を同封し、送付してください。
    ただし、個人番号は情報連携により取得します。個人番号を調べることが目的ではありませんので、マイナンバーカードおよび通知カードのコピーは必要ありません

    同意の必要な方

    • 乳幼児等医療、こども医療の場合
      こどもの父母(扶養義務者)両方
    • 母子家庭等医療の場合
      母又は父と扶養義務者
    • 高齢期移行者助成制度の場合
      本人と本人の同一世帯員全員
    • 重度障害者医療、高齢重度障害者医療の場合
      本人と配偶者、扶養義務者全員

    申請にあたっての注意事項

    • メール、ファクスでの申請は受付できません。
    • 情報連携により所得情報を取得するには、7日から10日ほど日数がかかるため、本庁の窓口に申請書等をご持参いただいても福祉医療費受給者証を即日で受取りをすることはできません。所得要件等に該当される場合は、後日郵送で受給者証をお送りします。
    • 同意書は必ずご本人の直筆でご記入ください。
    • 本人確認書類の添付がない場合は、受付できません。本人確認書類がマイナンバーカードの場合は、郵送では受付できないため、お手数ですが本庁または出先機関の窓口にてご提出ください。
    • 同意書の中の「1月1日の住所地」に誤りがある場合や所得の申告をされていない場合は同意書を提出していただいても、所得情報を取得することができません。その場合には、同意書を修正していただいたくか、所得の申告をしていただく必要がありますのでご了承ください。

    お問い合わせ先

    姫路市 保健福祉政策課 福祉医療担当
    電話079-221-2307