ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    まちなか来街者調査について

    • 公開日:2019年6月25日
    • 更新日:2019年7月5日
    • ID:8183

    調査概要

    来街者の目的・商店街の利用状況等を把握し、調査地域における回遊状況等を分析し、ヤマトヤシキ姫路店閉店の影響等について調査する。

    調査対象者

    中心市街地を訪れる概ね18歳以上の男女(300サンプル)

    調査日

    平成30年5月13日(日曜日)、14日(月曜日)

    調査方法

    調査員による聞き取り調査

    調査地点

    中心市街地商店街内の2地点(旧ヤマトヤシキ姫路店周辺(みゆき通り、二階町、西二階町等)、駅前商店街入口)

    調査内容

    まちなか(商店街)の利用状況、まちなか(商店街)に対するイメージ・評価、ヤマトヤシキ姫路店閉店の影響(商店街への来訪頻度の変化、消費性向の変化)など

    調査結果

    調査にあたり、両日とも155人ずつの聞き取り調査を行い、合計で310人分の回答を収集しました。
    中心市街地への来街目的は「買い物」との回答が最も多く、約7割を占めており、来街頻度は「ほぼ毎日」中心市街地を訪れる「デイリーユーザー」が半数以上を占めていました。
    ヤマトヤシキ姫路店の閉店後、来街頻度が「減った」との回答が約15%あり、買い物客に影響を与えていることが推察されます。一方で、ヤマトヤシキ姫路店で購入していた商品の現在購入先は、約7割が「姫路中心市街地内にある施設・店舗」と回答しており近隣の施設を利用していることがわかりました。また、ヤマトヤシキ姫路店閉店の影響として、高齢者や近隣住民を中心に「街に活気がなくなった」との回答が約4割ありました。
    詳しくは、下記の結果レポートをご覧ください。

    報告書

    問い合わせ先

    姫路市 産業局 商工労働部 産業振興課 中心市街地活性化推進室
    電話:079-221-2453
    Eメール:chushinkassei@city.himeji.hyogo.jp