ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市老朽危険空家等の対策に関する条例について

    • 公開日:2019年5月30日
    • 更新日:2019年5月31日
    • ID:6770

    空き家を維持、管理する義務は所有者等にありますが、空き家の中には、放置されて老朽化し、周辺の家屋や通行人などに悪影響を及ぼしているものがあります。
    市では、老朽危険空家等の対策に関する条例を定め、これまでの対策に加え、より早期の対応や緊急時の対応の充実を図ります。

    空き家の管理は所有者等の責任です

    空き家は個人の財産であり、その管理は空き家の所有者等が行わなければなりません。
    空き家の瓦や外壁が落下して、近隣の家屋が壊れたり、通行人が怪我をした場合は、所有者等が損害賠償等の責任を負うことになります。
    空き家が老朽化して危険な状態とならないよう、所有者等が適正に管理することが必要です。

    条例の内容

    条例では、そのまま放置すれば倒壊するなど、著しく保安上危険となる恐れのある状態にある空き家(特定老朽危険空家等)について、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づく措置に加えて、四つの市独自の対策を行います。

    周辺への早期の注意喚起

    周辺への注意喚起のため、特定老朽危険空家等に表示板を設置します。

    所有者等に早期の対応を促すこと

    所有者等に対応を勧告しても必要な措置が取られない場合、所在地等をインターネットで公表します。

    対応を求める期間の短縮

    危険が切迫している場合、所有者等に解体等の対応を求める期間を短縮します。

    緊急時の対応

    緊急の場合に、補強や補修など必要最小限の応急措置を行います。費用は所有者等に請求します。

    空き家の適正な管理をお願いします

    空き家を所有している人は、周りに迷惑をかけないよう適正に管理しましょう。
    良好な生活環境を守るため、皆さんのご協力をお願いします。

    関連情報

    お問い合わせ

    姫路市役所都市局まちづくり推進部住宅課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎5階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2632 ファクス番号: 079-221-2639

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム