ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    天満力石の力持ち

    • 公開日:2008年3月8日
    • 更新日:2019年5月8日
    • ID:2109

    名称

    天満力石の力持ち

    概要

    毎年10月21日の魚吹八幡神社秋季例祭宵宮の日に、天満地区の屋台は村練りを行い、蛭子神社と神明神社に宮入した後、まわし姿の練り子が地区住民の前で、力士として七斗石(97.5キログラム)の力石で力持ちに挑むもので、享保年間(1716年から1735年)より続けられていると伝えられる。
    力持ちの形態には石担ぎ・石ざし・片手止め・振りさし・曲持ち等があったことを知りうるが、天満力石の力持ちは力石を肩に担ぎ上げる「石担ぎ」の形態である。

    所在地

    姫路市大津区天満1134

    写真

    天満力石の力持ちの写真