ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

現在位置

 

あしあと

 

    FAQ

    1歳6か月児です。どうしても野菜を食べません。偏食すれば発育に影響しないかと心配です。

    • 更新日:2020年3月24日
    • ID:1260

     

    回答

    大人でも多少の好き嫌いがありますから、子どもにも嫌いなものがあって当然ではないでしょうか。しかし、偏食が多すぎると大人になっても食事がつまらないものになってしまいます。

    好みが変わった時に食べられるようになることもありますから、この時期に嫌いなものと決めつけないことです。

    いくつかの工夫例を紹介しましょう。

    • ゆで野菜を手づかみで食べられるようにする(野菜スティック・蒸し物など)
    • すりつぶしてほかの食品に混ぜ込む(スープ・シチューなど)
    • レタスなどに包んで手に持って食べさせる(オムライス・ギョーザなど)
    • 細かく刻んで混ぜ込む。(ハンバーグ・チャーハンなど)

    栄養価や食材にこだわらなくても、代替食品を取ることで知らない間に摂取していることもあります。お母さんが「絶対に食べさせなければ」と願ってプレッシャーを掛けたり無理強いしたりすると、食べさせることがより困難になりますから焦らないことです。

    子育てQ&Aへ戻る

    お問い合わせ

    姫路市役所こども未来局こども育成部子育て情報相談室

    住所: 〒670-0943 姫路市市之郷1006番地8 すこやかセンター3階

    電話: 079-223-5640 ファクス: 079-223-5639

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム