ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

現在位置

 

あしあと

 

    FAQ

    ほかの同じ年齢の子どもたちはお話ができるのに、うちの子どもは「マンマ」ぐらいしか言えません。言葉が出るのが遅いように思い心配です。話し掛けている内容はよく分かっているようですが。(1歳8か月)

    • 更新日:2020年3月24日
    • ID:1280

     

    回答

    同じ年頃の子どもさんがよく話をしていると、気になりますね。でも言葉の発達は個人差が大きいです。家族の言葉掛けや、周りの関わりに反応があれば、もう少し様子を見てみましょう。

    たどたどしい表現でもその気持をしっかり聞いてあげることで「聞いてもらった喜び」を経験し、話したい意欲につながります。

    心掛けましょう

    • 子どもの発声や発語にしっかり対応し、コミュニケーションの楽しさを知らせましょう。
    • テレビに子守りをさせる時間は少なめにし、絵本を読んであげたり、お子さんの名前を呼んで話し掛けたり、家族との楽しい関わりを増やしましょう。
    • 子どもは好奇心いっぱいです。散歩などで見た物や気になる物の名前などを言って話してあげましょう。
    • 子どもに分かりやすい具体的な言葉で話し掛けましょう。
    • 先回りして本人の代わりに話をしたり、要求を察して先にしてしまわないように気をつけましょう。
    • 子育て支援施設などに行き、他の子どもたちが遊んでいる様子を見るなど社会性の発達を促すような機会をつくりましょう。

    難聴や発達障害がある為に、言葉の発達の遅いお子さんもありますので、対人関係や、行動の発達になどに気になる問題が見られるようであれば、保健所や専門機関(ぱっそkids)に相談してみましょう。

    子育てQ&Aへ戻る

    お問い合わせ

    姫路市役所こども未来局こども育成部子育て情報相談室

    住所: 〒670-0943 姫路市市之郷1006番地8 すこやかセンター3階

    電話: 079-223-5640 ファクス: 079-223-5639

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム